miyukie33ok’s blog

閑長のひとり言

閑長のひとり言

2022-05-01から1日間の記事一覧

訥言と一念

眼疾により盲目となった画家二人の話である。 田中訥言は江戸時代後期の絵師である。閑長は名古屋市博物館の加藤清正像が贔屓である。復古大和絵の祖として知られるが、視力を失ったため舌を噛んで命を絶ったと伝えられる。享年57。訥言とは、たどたどしい物…