miyukie33ok’s blog

閑長のひとり言

閑長のひとり言

そうか漱石

文学者、例えば谷崎潤一郎によれば、漱石の「こころ」は長すぎる・・、という。
短篇小説に相応しい筋書き、ということらしい。

指摘の当否、適否は擱いて、「こころ」は漱石の作中、異色である。
展開が漱石らしくない。西洋的ともいえる。

漱石らしい作品は、「虞美人草」「彼岸過迄」と思う。
隠しきれずにネタバレしている。