miyukie33ok’s blog

閑長のひとり言

閑長のひとり言

隣り合わせの素数

 明石家さんまが「17歳が人生の最高潮」とどこかで書いたか、言っていた。閑長は13だった。ピークが早い分、落下も早く来た。
 以来、“ ヒット座ボトム ”することなく、今に至っている。13と17は並びの素数だが、人の生涯では随分と意味か異なる。振り返れば、目覚める前、気付く前に下山が始まった感じである。
 還暦過ぎて最初の素数年も過ぎてしまった。次まで5年もあるが、それより早く幕引きが来ない保証はどこにもない。