miyukie33ok’s blog

閑長のひとり言

閑長のひとり言

2022-08-10から1日間の記事一覧

とポン、、ゆらゆら

芭蕉の「古池や蛙飛びこむ水の音」の『水の』が余計では・・という話は随分前に投稿した。 芭蕉本人に聞かせたら、否みも怒りもしない一方、肯ずることもないと思う。 『水の』の言葉ひとつによって、あがる水滴とゆれる水面がシカと映像化される。